タミフルと他の薬との飲み合わせ

タミフルは他の薬との併用はどうなのでしょうか?実際タミフルと解熱剤を併用するのは禁忌だと言われていますし、併用によって個人差で重症化する場合もあります。タミフルと他の薬を併用して飲む場合は事前に調べた上で服用しましょう。

タミフルと他の薬との飲み合わせ

タミフルとの併用禁忌薬

インフルエンザウイルスに感染した場合、服用することでウイルスの繁殖を抑え、症状を緩和させるもしくは早期回復を期待することが出来る治療薬が、「タミフル」です。インフルエンザの症状があらわれてから、48時間以内に服用することにより、高い効果を得ることが出来ます。発症してから48時間以内というのは、ウイルスが劇的に増える時期であり、この時期に服用することにより、効果を期待することが出来ます。逆に言うと、この時期を経過してから服用したとしても、思ったような効果が見られない可能性があるということです。
タミフルは、大人の場合は1日2回、1回1錠を、幼少児の場合には体重に応じて必要量をいずれも3~5日程度服用します。
また、周囲にインフルエンザを発症した人がいるという場合には、予防を目的としてタミフルを服用する場合もあります。ある試験では、インフルエンザを発症する前にタミフルを服用した場合としなかった場合とを比べた場合には、服用した場合のほうが発症する割合が少ないという結果が出ています。なお、予防として使用するという場合には、保険適用とはなりませんので、薬代などは全て自己負担となりますので、注意が必要です。
なお、症状によっては頭痛薬や解熱剤などを併用する場合もあります。タミフルに関しては、併用禁忌薬はありませんが、小児に解熱剤を使用するという場合には解熱剤の種類によりライ症候群誘発の可能性があるタイプがあります。また、自己判断で服用してしまうと、思わぬトラブルとなりかねませんので、タミフルと他の医薬品を併用して服用するという場合には、服用する前に必ず医師もしくは薬剤師に相談するようにしましょう。

■インフルエンザの諸症状を緩和する薬
インフルエンザ 薬