タミフルは他の薬との併用はどうなのでしょうか?実際タミフルと解熱剤を併用するのは禁忌だと言われていますし、併用によって個人差で重症化する場合もあります。タミフルと他の薬を併用して飲む場合は事前に調べた上で服用しましょう。

インフルエンザの潜伏期間は何日?治療法は?

12月から3月頃に流行しやすい感染症であるインフルエンザは発症すると38度以上の高熱、関節痛や筋肉痛など全身症状が引き起こります。
その後鼻水や喉の痛み、頭痛などの局所症状が見られ、乳幼児や高齢者、妊婦といったハイリスク群と呼ばれる人は肺炎や脳炎を合併して重症化しやすいと言われます。
インフルエンザは発症した患者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込む飛沫感染で、病がうつります。
またウイルスに汚染されてる場所に触れ、手を目や鼻、口などに無意識に持っていくことで感染する接触感染があります。
インフルエンザウイルスは体内に侵入すると肺、喉や気管支で急激に増殖するため高熱といった全身症状が出るまでの期間が短いです。
このウイルスが体内で増殖する時間はたいへん短く、約8時間で100倍になるとされ、この個数が数千万に達すると症状が出始めると言われます。
なので、潜伏期間もたいへん短く1日から最大で3日と言われ、厳密に言えばA型なら12時間から48時間とされます。
消化器症状や熱が出にくいとされるB型は潜伏期間は1日以上となり、種類によって期間が異なります。
インフルエンザは潜伏期間中に感染するのはあまりないと言われますが、実は発症する1日前から感染力を持つとされます。
発症する1日前から発症後約1週間はウイルスが他者にうつりやすく、被害拡大を防ぐためには早い段階で検査、治療が大切です。
インフルエンザは発症後すぐに抗インフルエンザ薬を服用すれば、しない時と比べて発熱期間が1日から2日短縮され早い回復が見込めます。
なので、不調を感じたら病院で検査してもらう必要がありますが、インフルエンザは潜伏期間中の検査は確実な結果が出にくいです。
発症してから12時間から48時間以内の検査が望ましいです。
ちなみにインフルエンザの疑いがある不調が見られないと検査にかかる費用が保険を適応されないので注意が必要です。

インフルエンザの治療費の目安は?

インフルエンザの検査は基本的には保険が適応されることが多いですが、症状が出ていなかったり保険の適応が認められてない検査キットを用いる場合は自由診療になります。
多くの病院で扱われる迅速検査キットと呼ばれる検査方法は、鼻水や喉の粘膜を採取することでウイルスがいるか調べます。

迅速検査キットは自己負担は約1割から3割とされ、3割の自己負担で初診料等を含めると約2000円弱の費用が必要です。
ちなみにこれは目安であり検査料金は随時変更される可能性が高く、事前に医療機関で問い合わせるほうが確実でしょう。
インフルエンザの治療に用いられる薬は様々であり、種類によって費用の違いが見られます。
1日2回の服用で、A型のインフルエンザに有効なタミフルは5日間処方されるのならおよそ2850円となります。
しかしこれはカプセル剤の料金であり、粉薬になると約2450円の負担がかかります。
リレンザは下痢や吐き気などの消化器不調が特徴のB型のインフルエンザに有効とされます。
リレンザは粉末吸入薬であり、1日2回、5日間服用するのなら約1550円の料金と言われます。
リレンザは1回あたりの治療費がインフルエンザ薬の中で低価格と言われます。
イナビルと呼ばれる治療薬は1回の服用で治療が完結できる粉末吸入薬であり、10歳以上で4280円、10歳未満で2140円の料金が必要と言われます。
費用負担が大きく、1回で全ての薬を吸入する必要がありますが副作用が比較的少ないとされます。
インフルエンザの予防接種は最低では1000円から最高では6000円以上と価格差が大きいです。
実は予防接種は自由診療であり、初診料や再診療はかからず各病院の自由裁量により料金が決まります。
なので、価格差が出やすくなりますが、全国平均で換算すると約3000円前後の費用目安と言われます。