タミフルは他の薬との併用はどうなのでしょうか?実際タミフルと解熱剤を併用するのは禁忌だと言われていますし、併用によって個人差で重症化する場合もあります。タミフルと他の薬を併用して飲む場合は事前に調べた上で服用しましょう。

豚インフルエンザにはタミフル有効・飛沫感染に注意

インフルエンザウイルスは普通は同じ種類の動物同士で感染しますが、豚・鳥・人の間で感染することもあります。特に豚は、人や鳥のインフルエンザウイルスに感染しやすいことが知られています。豚インフルエンザは豚の間で流行する病気で、発熱や咳や鼻水など、人間の風邪とよく似た症状を引き起こします。重症になり肺炎を起こすと死ぬこともあります。
豚インフルエンザは人に感染することもあります。原因は、ほとんどが豚と直接接触したことによります。豚を飼っている農家や、農業フェアで感染した実例があります。幼児や高齢者、妊婦や慢性疾患にかかっている人は、豚インフルエンザにかかる危険が大きいため、できるだけ豚とは接触しないのが望ましいでしょう。
豚インフルエンザの治療薬としては、一般にタミフルが使用されています。タミフルはウイルスの増殖を抑える作用があり、豚インフルエンザにも有効とされています。また鳥インフルエンザにも作用します。発症後48時間以内に服用するのが、タミフルの効果的な使用法です。
豚インフルエンザウイルスが豚の体内で遺伝子を変化させ、人から人へ容易に感染するようになると、新型インフルエンザとして大流行するおそれがあります。新型インフルエンザにはワクチンがないため、予防する方法はうがいや手洗いが中心になります。
インフルエンザは飛沫感染や接触感染により伝染します。飛沫感染は患者の咳やくしゃみからウイルスが飛び散り、これを吸い込んで感染することです。うがいや手洗いを念入りに行なうことで、飛沫感染のリスクを下げることができます。また人混みの中へ外出するのを避け、マスクを正しく着用することなどして、感染の機会を減らすことも大切です。