タミフルは他の薬との併用はどうなのでしょうか?実際タミフルと解熱剤を併用するのは禁忌だと言われていますし、併用によって個人差で重症化する場合もあります。タミフルと他の薬を併用して飲む場合は事前に調べた上で服用しましょう。

インフルエンザにタミフルが必要と言われる理由

インフルエンザの治療にはタミフルが必要と言われます。タミフルは一般的に錠剤であり、効能はウイルスの増殖の阻害です。タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が認められていますが、それは発症期間だけではなく、感染前から効果が認められています。そのため、インフルエンザの治療に使われる以外に予防においても必要と考えられてきています。ただし、インフルエンザウイルスの型によっては効果が薄くなることも分かっており、インフルエンザB型等の場合はリレンザが必要とされることもあります。インフルエンザの型については発症後にテストキットで判明するのですが、潜伏期間などの場合には型の判別が難しいことが多く、その場合はタミフルが処方されることが多いようです。日本ではタミフルは医師の処方箋がないと買えないのですが、個人輸入することはできます。また、世界的にインフルエンザが流行することもあり、品薄になることも多いため、毎年のように個人輸入して備蓄するという方も少なくないようです。タミフルについては予防接種と同等に考えて使う方がいますが、副作用も認められているので特に持病を持つ方は利用する際注意が必要です。持病のうち、肺、腎臓に関係する場合は利用をせず、医師の判断を仰ぐことが推奨されています。タミフルはそれらの臓器に負担をかける可能性があること、また、未成年は精神的な副作用が発生することがあるので利用にあたっては医師の判断がじゅうようになります。タミフルは使い方を間違えなければインフルエンザに対して特に重要な薬の一つです。しかし、医師の判断が必要になるほどの強い薬であるので注意して利用することが大切です